アウトレット 2016年08月16日

SIDI 2017年モデル&ソールの硬さ【たわみ量】について

皆さんこんにちは♪
ベランダで育てていたミニトマトが、…枯れました。
こっそり、ブルーベリーにでも植え替えようと思います。POWER-KIDSオンラインストア・中村です。

SIDI 2017モデル発表。フラッグシップモデルはWIREに代わり、SHOT。

SIDIの2017年モデルが、発表になっていますね。

2017年は、今までのフラッグシップモデルWIREを、より進化させたモデル、『SHOT』が発表になっています。
新型の調整ダイヤル、ダブルテクノ3プッシュシステムを採用。以下がその特徴です。
・シューズ左右のバランスを最適化するために、センターに配置された二つの調整ダイヤル。
・締め付けのリリースが、それぞれワンプシュでできること。

アッパーは、抗菌性と耐水性に優れた素材を採用。雨水の浸入を大幅に防ぎます。
また、ソールのつま先部分には、開閉式スライダー付きのベントホールがあります。
つま先から取り入れられたフレッシュエアがインナーソールの中を駆け抜けて、シューズの中を快適に保ちます。
今年、フルームがこの最新モデルを履き、ツールドフランスを制覇しています。

GENIUS 5は、グラフィック変更のみで、GENIUS7に。

SIDIシューズの中で、ボリュームゾーン商品である、GENIUS 5シリーズは、GENIUS 7と名前を変え、グラフィックの変更のみでリリースされます。
側面のSIDIのロゴがツートンカラーになっています。ソールにもデザインが施されました。
私が、今まで販売した60~70足のシューズの、9割強は、これかな?というくらい、私も絶大な信頼を置いているシューズです。
(もっとも、7は、まだ販売前ですから、私が販売したものは歴代のGENIUSシリーズですが)

私がお客様に接するときは、ご希望を伺ったうえで、2~3メーカーの同価格体のモノを履いていただきます。
最終的に、お客様に選んでいただくと、ほぼ、これに落ち着くので、信頼しているのです。

もちろん、私も履いています。他メーカーの物を履いてきて、3足目にたどり着いた愛用シューズです。

2本ベルクロに、キャリパーバックル仕様。かかとのヒールパッドは、もちろん交換可能です。
ソールは、程よい硬さのナイロン+カーボン繊維。たわみ量は2.5mmです。(たわみ量については、下記を参照)
幅広・甲高のワイドモデルのMEGAシリーズ、女性用モデルも健在です!

シューズのソールの硬さには、気を使っていますか?【SIDIのたわみ量とは】

SIDIは、ソールの硬さを、たわみ量として算出し、ロードシューズでは4種類の硬さの違うソールを採用しています。

たわみ量とは、ソールの爪先部に50㎏の加重をかけた際の、ソールのたわみを表します。
つまり、たわみ量が少なければ少ないほど、たわまない硬いソールであるということ。

・ハイエンドモデルのSHOTやWIREには、たわみ量1.4mmの硬いカーボン繊維&樹脂のソールを採用。
・GENIUS 5や、7には、たわみ量2.5mmのナイロン+カーボン素材のソールを採用しています。

ソールは、脚の回転パワーを伝達するために、剛性は不可欠。柔らかい運動靴などでは、パワーを逃がしてしまいます。
しかし、硬すぎるソールは、脚の血流を妨げ、痛みを生み、脚の故障を招きかねません。

『足の裏が痛むんです』と、ご相談に来る方にお話を伺うと、カッチカチのカーボンソールを履いている場合が少なくありません。
上級者、または、ご自身の意思でさらに硬いソールを望まれる方以外は、GENIUS 5、7 に採用されているくらいの柔軟性のあるソールをお選びになるといいかと思います。(それでも充分、硬いんです!)

いくら良いモノでも、お金があっても、ハイエンドモデルがあなたに合うとは…限らないのですね。

SIDIシューズ、アウトレットでお取り扱い中♪

PKオンラインストアでは、SIDI既存モデルをSALE価格で販売中♪
↑売り場へは、上のバナーをクリックしてください!

沢山あったセール商品も、お陰さまで、ずいぶん巣立って行きました!
既にシンデレラセールの様相を見せていますが(;・∀・)、サイズが合ったら、ラッキーです!
ぜひ、覗いてみてくださいね♪よろしくお願いします!

ページトップへ