イベント・スクール情報 2016年03月10日

経験は自信に。レースまでに不安を自信に変えましょう!

皆さんこんにちは♪POWER-KIDSオンラインストア・中村です。
梅の木だと信じて疑いもしなかった近所のお宅の木が、河津桜でした・・・。
5年間、梅の木だと信じてやまず、毎年、前を通るたび、愛でていたのに・・・・。
記憶や、思い込みって、すごいですねー。自分でも、驚きました!

レースまでに、不安を解消する!

LSDでベースの体力作りを行ってきた、冬の季節はそろそろ終わり。
これからは、本格的なトレーニングシーズンですね。

初めてのレースシーズンを迎える皆さん、レースに出るにあたって、不安要素は何ですか?

レースに出る前の、私の不安要素と言えば、「海がとにかく怖い」。
高校生の時、友人と二人で海で溺れかけて、近くにいた大人に助けていただいたことがあってから、私にとって海は、怖い場所でしかありませんでした…。
でも、レースでは、海を泳がなくてはいけない。なぜなら、海を泳ぐトライアスロンにエントリーしたから!

ネットで検索したら、見つけたんです。
海での講習会を。「これだ!!」と思って、初級コースの講習会に参加しました。

講習会は、諸々の説明の後、ウェットスーツを着て、みんなで海に入って、“海水に顔をつける”から始まりました。
私にとって、本当の意味でのこの「初級」が、ありがたかったです。
その日は、“15メートル先のブイまで泳いで帰ってくる”程度のレベルで講習は終わりましたが、着実に自信につながりました。
「思っていたより、怖くない!」

小さなステップでしたが、間違いなく、一つ階段を昇れて嬉しかった記憶があります。

不安を自信に変える方法

その後、トライアスロンの大会に出る前に、海でのオープンウォーターのレースに仲間たちと参加しました。
確か、3キロの部だったと思います。
もちろん、そんな距離を海で泳ぐのは初めてだったのですが、練習会のおかげもあり、怖さを感じることもほとんどなく、楽しく泳ぎ切りました。
トライアスロンのスイムは1.5キロですが、このレースで3キロを泳ぎ切ったことで、大きな自信につながりました。

どんな小さな階段でも、登れたことは、確実に自信につながります。
不安を自信に変えていくと、レース自体が楽しく感じられるようになりますよね。
レーススケジュールから逆算して、今やるべきことをしっかりクリアしていきましょう!←私もね。

オープンウォーターの練習会は、色々な場所で開催されているようです。
私がお世話になったのは、コチラ。参考になさってください。

・パワースポーツ OSJ湘南クラブハウス
http://www.powersports.co.jp/clubhouse/

※今日書いた内容は、その時の講習の内容であり、現在は内容が違うかもしれません。
ご参加される場合は、ご自身で内容を確認してくださいね。

そのほかにも、「オープンウォーター 練習会」で検索すると、いくつか出てきます。
お住まいの場所から、近いところで開催されているといいですね!

ページトップへ