トレーニングについて 2015年11月30日

冬のトレーニングの必須アイテム 【固定ローラー】

皆さんこんにちは♪

今日は昨日の記事に引き続き、室内ローラーの説明をしていきます。

室内ローラーの中でも、初めてのローラー台におすすめの固定ローラーには、大きく2種類に分けられます。
1:磁力(マグネット)で負荷を生む、マグネット式。
2:オイル(フルード)をかき回す力で負荷を生む、フルード式。

初めてのローラー台として、使いやすいものをピックアップしますので、ご参考になさってください。

【サイクルオプス】 マグニードVER2  ¥42,120

世界初、プログレッシブ抵抗のマグネット式ローラー台です。
プログレッシブ式、とは、フライホイール内部のマグネットが、遠心力で外周へ移動することで、指数関数的に負荷が増えていくシステムのこと。
通常、ローラー台は、手元もしくは本体で負荷の調整を行いますが、サイクルオプスのローラー台は、プログレッシブ抵抗を採用しているため、負荷調整が必要ありません。
ペダルを踏んで、スピードが上がれば、自然と負荷がかかってきます。

このマグニードは、おススメするローラー台のベーシックモデル。
シンプルで扱いやすく、ベーストレーニングをしたり、レース会場でのアップやダウンに、最適なモデルです。

650c、700c、26インチ、29インチに対応。別売りアダプターで20インチ24インチにも対応します。

もっと本格的にトレーニングしたいなら、次の商品。

【サイクルオプス】 スーパーマグニードVER2  ¥62,640

マグニートの上位機種。
マグニートの機能に加え、トレーニングの目的に合わせた負荷調整を4つの中から選択可能。
1;Easy・・・・・本格的なトレーニング前のウォーミングアップに
2;Road・・・・・有酸素運動に最適
3;Interval・・・・断続的に強度を高めるインターバルトレーニングに
4;Mountain・・・最もハードなトレーニングに
目的に合わせチョイスすることで、持久系から瞬発系まで、すべてのトレーニングに対応でき、効率的にパフォーマンスをアップできる。

騒音や、振動の少ない、最高品質のトレーナー。

【サイクルオプス】 フルード2VER2  ¥49,680

負荷を生む為の油圧ユニットの内部には、よりリアルな感性を生み出すためのシリコンフルードが入っている。
これを撹拌する抵抗が、負荷となるのが、油圧式(フルード式)のローラー台。

大きなフライホイールで、リアルなロードの走行感を再現。
油圧式は熱を持ちやすいが、フライホイール+ファンの自動冷却システムにより、発熱による影響を最小限にし、連続使用時の負荷をコントロールしている。

スピードを上げても、静かでパワー充分のトレーニングが可能。
シンプルな作りで、ビギナーや女性にも使いやすい、人気のモデル。

もっとリアルな走行感を求めるなら、次の商品。

【サイクルオプス】 ジェットフルードプロVER2  ¥58,320

様々なライダーに合わせた、『道路を走っているかのような』走行感に近い、トレーナー。
精密に設計され、徹底的にチューニングされた大きなフライホイールが、リアルな加速と、慣性を実現。

特許を取得したデザインの油圧ユニットは、取り入れた空気を効率よく油圧ユニットへ流して冷却し、長時間の連続使用による負荷変動を制御。

リアルな走行感という点についてはシリーズ中トップクラスで、軽いトレーニングから、メニューをこなすトレーニングまで、対応できる、本格油圧トレーナー。

いかがでしたか?
理想に近いローラー台はありましたか?

静音性に関しては、マグネット式よりフルード式のほうが高め。
それでも、マットを引いたり、設置場所を考えたり、少なからず家族やご近所さんへの配慮は必要だと思います。
静音性を求める方は、間違っても3本ローラーは選びませんよう、ご注意くだいさいね。

明日は、室内トレーニングをする際に、“もう一つ、あったほうがいいもの”をご紹介します!
オンラインストア・中村でした。今日も最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました♪

ページトップへ