メンテナンス 2017年10月29日

ロードバイクのメンテナンス【空気圧・空気の入れ方】

皆さんこんにちは。とうとう寒くなってきましたね。
今はとにかく、ホットカーペットが欲しい、POWER-KIDSオンラインストア・中村です。

ロードバイクは、高価な買い物だからこそ、大事に長く愛してほしい!

皆さんのお手元にある、ロードバイク。おいくらでしたか?
購入するときは、高いお買い物だったのではないでしょうか?

ロードバイクやクロスバイク、MTBなどのスポーツバイクは、きちんと整備されていてこそ、その性能を引き出すことのできる高性能な自転車です。
乗りっぱなしの乗り捨て自転車では、決してありません。大事なのは、【整備されていてこそ】です。
高いお買い物だったからこそ、大事に、長い間、相棒としていつもそばにおいてあげて欲しい。

何回かにわたって、自分でできるロードバイクのセルフメンテについてお伝えしていきたいと思います。
こんな時はショップにお任せ!の見極めラインも含め書きますので、ご参考になさってくださいね。

ロードバイク メンテナンス 【空気圧の管理】

まずはロードバイクの基本中の基本。空気圧の管理です。

ロードバイクのタイヤには、7~9気圧もの高圧の空気が入っています。
(正確には、ほとんどの場合、タイヤの中のチューブに空気が入っています。)
フレンチバルブと呼ばれる、仏式のバルブで空気が漏れるのを防ぎますが、高圧のため乗っても乗らなくても、少しづつ空気は漏れてしまいます。

適性圧の空気が入っていれば、走行性能が落ちることを防ぎ、パンクのリスクも減少することができます。
サイクリングやトレーニングに出かける際は、必ず空気圧をチェックしましょう。

もし、フレンチバルブの先端のねじ部分が曲がってしまったら、手でまっすぐに治してあげましょう。
治った場合は、取り急ぎは大丈夫ですが、金属ですので、金属疲労を起こしていつか折れて取れてしまいます。
速いうちに新しいチューブに交換したほうが、後々のトラブル回避につながるかと思います。

自分の空気入れで上手に空気が入れられない場合、購入したお店に持参して、入れ方をもう一度教わりましょう!
チューブに問題があるかもしれないし、空気入れ自体の初期不良の可能性もゼロではありません。スタッフさんに見てもらうといいですよ。

以下のページで、空気の入れ方の補足説明をしています。もっと詳しく知りたい方は、ご参考にどうぞ。
【動画】メンテナンスシリーズ⑩ フレンチバルブ空気の入れ方

ロードバイク、トライアスロンバイクのオーバーホールは、POWER-KIDSにお任せください!
オーバーホールとは、自転車本来の性能を取り戻すための整備・メンテナンスです。
ご自宅やレース会場などから、POWER-KIDSにバイクを送って、ご自身は自宅にいながら愛車のオーバーホールができます。
プロメカニックとの打ち合わせを経て、内容・金額ともにご了承をいただいてからのメンテナンス開始なので、安心してお任せくださいね。
新車の時のような快適さを、また感じることができるはず!
大事な愛車、永く・快適に乗ってほしいから、POWER-KIDSはスタッフ全員、心を込めてメンテナンスいたします。

ページトップへ