大会情報 2018年02月03日

ツール ド 草津 2018年大会中止について

皆さんこんにちは♪
早くも2月!今が一番寒い時期でしょうか。
大事に育ててきたプルメリア(南国の樹木)が、この寒さで瀕死です…。さすがに氷点下続きはヤバかったか…。
この1ヵ月を乗り切れば、少しづつ春の音も聞こえてきます。お体ご自愛いただき、乗り切りましょう!

ツール ド 草津2018の中止について

昨年末、私も鼻息荒く、意気揚々とご紹介したツールド草津。(記事はこちらから)
残念なことに、先日の本白根山の噴火の影響で、今年のレースは中止となりました。
エントリーされていた方々には、エントリーフィーの返還が行われるようです。

詳しくは公式HPから→こちら

噴火前、実行委員の方が高崎店に何度かご来店くださり、チラシやポスターを置いて行ってくださいました。
数年ぶりのレースとしての開催ということで、とても嬉しそうにされていたのをよく覚えています。
個人的にも、この大会は本当に大好きで、2012年の某自転車雑誌の付録に草津のちょっとした記事を書かせていただいたこともありました。

ニュースを聞いた時は、私も愕然…。
先日再び、実行委員の方が、大会の中止を報告しに来てくださいました。

本当に残念ではありますが、自然には勝てないですよね。
何度も苦難を乗り越えて来ている草津の大会です。またきっと開催される日が来ること、私は楽しみに待ちます。

そして、草津温泉には被害は出ていません。
もちろん、山の上には行けませんが、噴火口から麓のスキー場や温泉は遠く、通常通りだそうです。

サイクルライフナビゲーターの絹代さんが、とても素敵な記事を書いていらっしゃったので、こちらでもご紹介させてください。
本当に、ツールド 草津って素敵な人たちが作っている、素敵な大会なんですよ。

応援したくなるまち、魅力的なまち、草津

※今回の噴火で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りします。
また、お怪我をされた方が1日も早く回復されますようにお祈り申し上げます。

ページトップへ