レンタル 2017年05月30日

【動画】メンテシリーズ⑧ サドルの高さの決め方

皆さんこんにちは♪POWER-KIDSオンラインストア・中村です。
今日も動画シリーズ。主にPOWER-KIDSオンラインストアのレンタルバイクをご利用になるお客様向けの動画となります。

今日は、サドルの高さの決め方。
基本中の基本のセッティング方法なので、ご参考になさってください。

ロードバイクメンテナンスシリーズ⑧ サドルの高さの決め方

店舗では股下を測り、計算式に当てはめてサドルの高さを数値で出します。
お貸出しするバイクに関しては、こちらの方法が間違いなく、一番簡単にセッティングできる方法となります。

母指球と小指球を結ぶラインが、パワー伝達の肝!

無意識に自転車にまたがっていただくと、ペダルのセンター、ペダルシャフトの上に土踏まずが来る方が多いです。
これは、ペダリングする際パワーが的確に届かず、ロスしてしまいます。

ペダルシャフトの上には、母指球と小指球を結んだラインが来るように意識してください。
また、ロードバイクのサドルの高さを決める際は、このラインでペダルを踏むことを前提としています。

ちなみに、サドルの高さはパワー伝達と密接な関係がありますが、これはママチャリであっても同じ。
ご家族の自転車のサドルの高さ、見直してみると、自転車に乗るのがぐっと楽になるはずです!

POWER-KIDSでは、スポーツバイクの宅配レンタルサービスを行っています。
大会・イベントへの参加時をはじめ、用途にあった自転車をお持ちでない方、購入前のお試しにご利用される方などにおススメです。
ロードバイク、トライアスロンバイク、クロスバイクなどの車種をラインナップし、様々なニーズにお応えしていきます。
全国どこへでもレンタル可能で、必要な時にご利用いただける画期的なサービスです。

詳細は、画像をクリックしてください!

ページトップへ