スイムについて 2015年11月13日

【入門】スイムゴーグル

競泳用とオープンウォータ用。何が違う?

トライアスロンで使用するスイム用ゴーグルは、視界の広いものがおすすめです。

プールでは視界も良く、ラインも引いてあり、まっすぐ泳げばいいので視界が狭いタイプのほうが集中できるのですが、オープンウォーターでは自分が進む方向を瞬時に確認したり、周りの状況を把握したりする必要があるためです。
競泳用のゴーグルは、視界が狭いため、オープンウォーター用、もしくはトライアスロン用のゴーグルを用意するといいでしょう。

 

最近はたくさんのメーカーから、視界の広いスイムゴーグルが発売されています。

jwsigpro_maincache_d5475987d8_kayenne-sm_clr_blk-redjwsigpro_maincache_8d0e51d89f_kayenne-lady_clr_trans-fxa
こちらのモデルはオープンウォーター用です。
男性モデル、女性モデルがあります。自分の顔に合うゴーグルに出会いましょう。
またレンズ色は、透明、スモーク、各色、ミラー、偏光レンズ(水面のギラつきを抑える)なんかもあります。
最近のゴーグルは、フレーム色も多彩で、その上、見た目もかっこいいですね!

 

  • 用意する時期  トレーニング時から慣れておいたほうがいい
  • 予算   ¥1,500~

 

 

ゴーグルのレンズの色

ゴーグルのレンズの色って、気にしていましたか?
実は、色々意味があるんですよ!

 

透明レンズ・・・曇天のレース、透明度の低い環境でのレースにおススメ

スモークレンズ・・・晴天時のレース、透明度の高い環境でのレースにおススメ

青色レンズ・・・晴天時、水がきれいに見えることが多い。
リラックス効果があるので落ち着いて冷静にレースしたいときや、プールでの練習時に。

赤色レンズ・・・闘争心を燃やす効果のある赤色。
集中して短い距離のレースでいいタイムを出したければおススメ。

 

ゴーグルは破損や天候に合わせて、レース当日もいくつか持っていると、より安心です。

 

ページトップへ