スイムについて 2015年11月13日

【入門】スイムキャップ

トライアスロンのレースでは、スイムキャップは支給されることが多い

練習用に、メッシュのスイムキャップを使われている方が多いでしょうか。
熱がこもらないし、かぶりやすいですよね。

トライアスロンのレースでは、カテゴリー別に色分けされたスイムキャップが支給されることが多いです。
レースに参加した思い出にもなるので、私はちょっとうれしいです。

l_4fe956ef0a5d1297583749446918430686f1fae6

支給されるキャップのほとんどがシリコン製のもの。
シリコン製のキャップは苦手な人も多いですね。私もそうです。
心配性な人は、一度シリコン製のキャップをかぶってトレーニングしておくのも良いでしょう。
余談ですが、メッシュのキャップをかぶってからその上にシリコン製のキャップをかぶると、脱げづらいですよ。
よろしければ、お試しください。

 

  • 用意する時期  トレーニング時
  • 予算   ¥1,000~

 

参加されるレースでスイムキャップの支給があるか、確認してください。
支給がない場合は自前のキャップが必要です。忘れないよう注意してくださいね。

 

ページトップへ