イベント情報 2016年05月23日

妙義山ビューライドin富岡2016 完走できました!

皆さんこんにちは♪POWER-KIDSオンラインストア・中村です。

昨日は、私個人のFBのタイムラインが、榛名山ヒルクライム、通称『ハルヒル』で埋まりました(笑)。
皆さん、思い通りの結果が残せましたか?苦しさを楽しむことができましたか?お疲れ様でした!

そんなハルヒル参加者も、めちゃくちゃ気になっているであろう同日開催イベント、『妙義山ビューライドin富岡』に参加してきましたので、今日はそのレポートを書きますね。
結果から言うと、最高のおもてなしで、お土産いっぱい、お腹もいっぱいのロングライドイベントでした!!

群馬の3大ヒルクライムのうちの一つである『ハルヒル』と、運悪く同日開催となってしまった事もあり、参加者は300名とこじんまり。
でも、このこじんまり感が、とても暖かく、居心地良く感じます。

受付を終え、スタートまでの間も、飲み物、パン、ドーナツなどが食べ放題!

スタート~

開会式を終え、ゼッケンの100番台、200番台300番台の順に整列、スタート時間になったら、20人づつくらいで数分間隔にスタートしました。
私は、ほぼ最後尾からスタートしたのですが、スタッフの誘導も的確で、混乱なく、みんなスタートできました。

スタートするといきなりの登り!しかも、妙義の道の駅までが特にきついんです。いや、“トレーニングできていない身には”、きついんです。
もう、速攻で心拍バクバク。そりゃもう、ためらわず自転車を降りてやりました(笑)。
『先は長いもんねー』なんて、仲間と言いあいながら、自転車押して・・・。
自転車押して登るのも、相当きつかったですが・・・。

妙義の道の駅まで登れれば、妙義山は初心者向けのヒルクライムコース。
のんびり、景色を楽しみながら、えっちらおっちら登ります。
もうちょっとで、第1エイド、妙義山山頂の中之嶽神社の駐車場・・・。というところで、ドーンと目の前に景色が開け、妙義山が見えました!
それはそれは、本当にきれいでした!何度か妙義山には登っていますが、こんなにきれいな妙義は観たことがない!ってほど。

第1エイド 妙義山山頂 中之嶽神社~

中之嶽神社のエイドにつきました!
飲み物をいただき、ボトルにも補充。ここでは、トマトとキュウリ、こんにゃくゼリーと本宿ドーナツをいただきました♪
『記念撮影しますよ!』というスタッフのナイスな声掛けに、私も一緒に走った仲間たちと記念撮影。ヒルクラを終え、みんないい顔してました!

坂と格闘してきた私たち、『もうここまで来れば、後は下りだから!』と言うボランティアのおばちゃんの言葉に、やっぱり騙されることになるのです…。

下りは速度に気を付け、車間を開けて、慎重に行きましょう。とみんなで声掛けをして再スタート。妙義山を下ります。
なんと、驚いたのですが、カーブ毎にボランティアスタッフが待機。黄色い旗を振りながら、『速度を落としてー』とか、『慎重にー』とか、『気を付けてー』と声掛けしてくださるのです!カーブ毎にですよ!
これなら、スピードにみんな気を付けるし、万が一転倒があっても即座に対応もできる。主催者の努力が垣間見えた一面でした!

下り終え、下仁田に抜ける道と富岡方面に戻る道とのT字路に当たります。
今回のコースは、ココを左折。本当にわずかな距離ではありますが、再び上り…。
“エイドのおばちゃん、もう下りだって言ってたやん!うそつきは自転車乗りだけだと思ってたけど、他にもいるなんて!”と心の中でニヤリとしながら、再び坂と向き合います。
いや、単純に私の脚がないだけの話で。ちゃんと自転車乗れてる人には、なんてことのない坂なんですが…。

第2エイド 丹生湖~

その坂を終えてからは、ずーっと下り基調の気持ちの良い道が続きます。
家々から出て、応援してくれるご家族も多く、とても温かい気持ちになります。

車通りの少ない道を走って、見えてきたのは丹生湖(にゅうこ)。第2エイドに到着です♪
ココはワカサギやヘラブナ釣りでたくさんの方が訪れる湖です。昨日も、たくさんの方が、桟橋釣りやボート釣りをしていました。

ココでは、お汁粉、キュウリの浅漬け、ドリンクをいただきます。
本当に暑くなってきたので、キュウリの浅漬けの塩分が美味しいのなんのって!
水やスポーツドリンクをボトルに補給できるのも、本当にありがたいことですね。

丹生湖のエイドを出ると、富岡方面に向かいます。
ココから先、ほぼ写真がありません。そうです、まだ、半分の距離なのに、余裕がなかったからです…。

途中、自転車仲間が私設エイドを開設してくれ、ガリガリ君いただきました。T澤さん、ご馳走様でした!
こういうの、地元開催ならではで、嬉しいですね♪

第3エイド 額部公民館

第3エイドの額部公民館に到着。
ただでさえ、ほぼ最後尾スタートののんびりグループなのに、私設エイドで休憩もはさんでいるため、ほぼ最終走者な私たち。
それでも、エイドは楽しみます!
ココでは、きゅうりの漬物、こしね汁、玉こんにゃくをいただきました♪
こしね汁は、富岡の名産、こんにゃく、シイタケ、ネギをたくさん入れたこの辺りの郷土料理です。
玉こんにゃくも味が染みてて、美味しかったー!エイドボランティアのおばあちゃんたちがまた暖かくて、“あれも食べろ、これも食べろ”と、いい雰囲気でした。
お腹いっぱいになって再スタート。

桜で有名な大塩湖を回って、サファリパークの前を通り、富岡の混雑を回避するルートで貫前神社(ぬきさき)のエイドまで走ります。

大塩湖までは緩やかな登り。
すでに大腿四頭筋まで痛みが出ているへなちょこは、何も考えず無心になって、一点だけを見つめ坂をこなします。
たどり着いた大塩湖は、私が超初心者のころ、自転車を持ち込んで練習していたコース。春になると桜がとってもきれいな場所です。
その後も私のランニングコースを通って(実家のすぐ近く)、貫前神社まで。

コース上には、曲がり角ごとにスタッフが立ち、誘導してくださいます。
暑い日でしたから、真っ赤に日焼けしたお顔を見ると、本当に感謝の気持ちでいっぱいに・・・!

第4エイド 貫前神社~

貫前神社は、参道から長い階段を下って低地に社殿がある、とても珍しい形の神社です。
私は、子供のころからお正月のお参りも、七五三のお祝いも、自分の子供のお宮参りも、全部ここ。慣れ親しんだ場所でもあります。

その貫前神社のエイドは、神社下に接地してくれればいいものを(笑)、いったん登らせるルートです。
もちろん昔スケート場があった場所から登ります。まさか正面からではありません。

気温は30度を超えるほどで、一緒に走った女性陣2名は、このエイドを回避、『先のコンビニで待ってるね~』と離脱。
私は、『貫前神社の写真だけでも…』と思い、あの坂に果敢にチャレンジしますが、あえなく撃沈…。
昔は登れたのになぁ・・・。と思いながら、とぼとぼと歩いて神社まで。
写真を撮ってエイドに行くと、男性陣2名がもう折り返してきました。
『何がありました?』と聞くと、『トマトと飲み物と・・・揚げ物!』という返答。
この暑さでは、さすがに揚げ物は・・・と思い、私もそのままUターンしてきてしまいました。エイドのスタッフの皆さんごめんなさい。

少し走るとコンビニが。
ココでは、数名の参加者の方が涼を取っていらっしゃいました。もちろん先ほど離脱した女性陣も。
アイスコーヒーがおいしそうで、とても良い選択だったと思います!

コンビニ休憩を終え、いよいよゴールまで残り7キロほど。
暑いし、疲れたしで楽をしたかった私は、『ゆっくり走りましょう!』とみんなに提案。
『では、ゆっくり走りたい人が先頭で!』と、先頭を引くことに。ま・・・まぁ、良いでしょう。追い風ですし。ゆっくり進みますから!

20キロ未満の速さで、のんびりゴールを目指しますが、お尻が限界!!!
久しぶりの自転車で、お尻は初心者のころと何の変りもない“ウブな状態”だったため、超久しぶりのロングライド(これってロング?)で、悲鳴を上げています。
お尻が4個に割れるぅ・・・・!!と心の中で叫びながら、前だけを見つめゴールを目指しました。

そして、無事ゴール!!!
総距離61.8Kmのビューライド、へなちょこな私でも、完走できました!

ゴールについてからも、おきりこみ、玉こんにゃくの黒蜜きなこ、おこわ、焼きまんじゅう・・・と、散々ご馳走になりました。
(今書いていて、『食いすぎじゃね!?』と、自分でツッコミました…)
そしてもちろん全工程で、飲み物は飲み放題。

参加賞には、開けてびっくり豪華なキノコのセット(舞茸一株、しいたけ10個くらいに、きくらげも入ってます)、バスタオル、富岡製糸場ペア入場券、妙義の“もみじの湯”割引券・・・。
荷物預けのタグ(持ち帰れる方)は、妙義神社の御朱印の栞。粋ですね!
これで、参加費5,000円は、安すぎます。本当に豪華なおもてなしをしていただきました!

運営の皆さんに、地元ボランティアの皆さんに、心から感謝です。
とてもいいイベントでした。ありがとうございました!

実はわたくし、このようなライドイベントは初参加。
今までは、トライアスロンだー、ヒルクラだー、耐久レースだー、で【レース】しか出たことがなくて。
エイドを回る系のイベント、これは、やばい。本当に楽しい!癖になりそうです・・・!

いやぁ、やっぱり、自転車って最高に楽しいですね!!

ページトップへ